スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

Kindle本って自作できるのね

Q先生の旧HPがMacのなんちゃらサービスの終了により無くなってしまっていたのですが、こちらに新しくできております。


そして、面白い時代ですなぁ〜。自分で電子書籍作れて、アマゾンで売ることができるのですな。内容は以前のHPにあったもので作ったもので100円でございます。キンドルで読めるようになりました。胸にイチモツある英語学習者にはおもしろい読み物かと。海谷和秀氏による絵もかわいいよ〜。まずは無料サンプルをお試し下さい。(^^)

(2013-02-12)
コメント:読後には「やっぱりそうだったんだよね」と思うことであろう。それは分かっていたことだけどね♪

ふーたろう | 語学 | 21:01 | comments(0) | - | - |

話したいこと、ありますか?(^^;

何の被害もなかった関西に住む私だけれども、それでもなんだか地震のショックは大きく、ストレスを抱えたのか、季節の変わり目もあって、体調がひどく悪いこの春だった。とどめに、連休に風邪をひき数日棒にふる。しかしなんだかそれはデトックスな感じ。これで元気になるかなぁ?

さて、さて、数ヶ月後にしばらくぶりの海外旅行を計画中。どんなに久しぶりかというと、私は関空から海外旅行に行ったことがないのだった。文鳥を複数羽飼っていた時が続いたので、預けることを考えるとなんだかもういいや、と思ってしまったのが長らく出かけなかった理由。この度は、夫がめずらしく旅行を提案してくれたので、「ハイハイハイ〜!」と乗ったのだった。

とは言え、今度の旅は観光も多少は楽しむつもりではあるけれど、小さいお家を借りて「住んでるつもり」になる旅になる予定。こことは違う土地で、違うお日さまの光を浴びて、違う食べ物を食べる(醤油は今回持ち込み禁止)という旅。とてもとても楽しみ。


 

しかし、最近「英会話」とはすっかりごぶさた。英語の映画とか音声とかは楽しんでいるけれど、自分が話すというのはぜんぜんダメ。ちょっとは勉強するかな。英会話ちょっとだけでも口慣らしにレッスンに行くか?などと夢想・・・。

いやいや、ちょっと待て。結婚してしばらく「専業主婦」していた時期、私って夫以外の人との会話がほとんどなくて、唯一言うのは・・・買い物に行った時にレジで、「袋いりません」 だけだったではないか。

そんな私が、外国に行くからといって、一体誰と、何をしゃべるのじゃ〜?どんな「英会話」を習うのじゃ〜?・・・と言っていたら、夫が

「やっぱり、『袋いりません』じゃない?」









ふーたろう | 語学 | 16:28 | comments(0) | - | - |

わしもやっと読んでみるか

時々コメントを下さるLipicaiさんがハリー・ポッターシリーズを1巻からすごい勢いで読み進んでいるのに感化され、私も今さらながら読んでみることにしました。・・・って、実は「聴く」なんですけど。

ボーがしばらく前からオーディオファイルで小説を「読む」のが楽でいいよ〜と言うのである。が、この世界、まぁ英語の音声が多い。英語ねぇ・・・。そりゃ、長らく英語学習者でございましたから、何度も何度もいろんな物語のテープとかラジオとか聴こうとしましたよ。んでも・・・例によって・・・続かない、飽きる。[:がく〜:]確かに、分からないところがあっても後ろのページに戻ることはせず(自分で積極的に「戻る」場合を除き)、とにかくがんがん前へ進むのである。これがいいのは分かっている。でも、あんまり難しい文学作品なんかを選ぶと、分からないところがテトリスのようにたまっていき、最後にはむぎゅむぎゅと頭の中に???のブロックが並んで、ゲームオーバーとなるのだ。もう、そんなん、わかってるねん・・・(すねる)。

でも、あんまり難しすぎず、そして圧倒的に面白いのんだったら、ちゃんと最後まで楽しめるかも。それって、ハリー・ポッター・・・ええんちゃうか。などと思った次第。私はあまのじゃくな性格で、流行ものはとにかく避けてしまいがちなのだが、ええい、そんなんもうかまわへんわぁ〜。わしも音で小説読んでみたいのだ!(とにかくそれをやってみたかっただけらしい)

てことで(貰い物の…)ハリー・ポッターの第一巻の朗読を聴いています。UK版のStephen Fry氏のをメインに聴いて、どうも分かりにくかったと思ったら、US版のJim Dale氏(US版と言ってもイギリス人)のを聴き直したりしてます。子供向けと思ったけれど、ボケーッと聴いていると、ぜんぜん分からなかったりするたらーっ。そもそもどんな話なのかあんまり知らないし。そんなんなので、音声だから何かをやりながら聞く、なんて言うのはなかなか難しい。今のとこ。通勤途中とか寝床でとか、他にやることがない時の方がいい。

で、ちょっと調べてみたら、日本の英語学習者の間ではStephen Fry氏の方がスピードがゆっくりめで、はっきりした発音で分かりやすいというような下馬評になっているらしい。そうですかね?スピードに関してはそんなに言うほどの違いはないと思うけど。単に好みで好きな方聴いたら?な話のような。Jim Dale氏は146(だったか?)の声を持つとか言われている人だそうで、人物の違いをはっきり区別して読んでくれるので、それも面白いところだとおもうし、Stephen Fry氏はボケーッと聴いてたら、今の誰?ってのが時々あるけれど(私だけ?)、なんて言うか迫力があって聴かせる。ハリーが生まれて初めて手紙を貰ったところなんて、ちょっと胸がぎゅっとなりましたよん。(興味のある方はどうぞ。Jim Dale氏のサンプルStephen Fry氏のサンプル…重いかも)まぁ、江守徹で聴くか、中尾彬(そんなのはありません)で聴くかとかそういう話じゃないのかしらん?Jim Dale氏の方が舞台の訓練受けた人と言う感じですね。

しかし、二回聴いてもあんまり分からなかったら、本を読むべきなのか?ってそこまでやるとそれは勉強になっちゃうからやりません。私そろそろ英語勉強するの止めます。もう英語をしこしこ勉強している時間なんて私には無いのよ!もうそんなこと言うとらんと、英語で本を読んだり映画を見たりして中身を「楽しむ」のじゃ〜・・・って、言ってみたいですぅ〜。たらーっ

(…サイドバーのiKnowが止まったきりなどと突っ込まないように!・・・だって、飽きたんだもん)
ふーたろう | 語学 | 21:15 | comments(2) | - | - |

スペイン語でお話を読んでみた

先日買ったこのスペイン語初学者のための読み物の本とってもいいです。

First Spanish Reader: A Beginners Dual-Language Book (Beginners' Guides)
First Spanish Reader: A Beginners Dual-Language Book (Beginners' Guides)
Angel Flores

左にスペイン語、右に英語で書かれていて、初めは「なんで英語も読まなアカンのや〜」などと思ったのですが、これが非常に有効なガイドとなってくれる!たぶん横に日本語訳が書いていたり解説が載っているような本なら、「ふーん」で終わっていると思うのだけれども、さすが英語は同じヨーロッパの言葉、英語の文章を借りてスペイン語の文章の構造がふーっと浮かび上がってくる仕掛けになっております。(英語は直訳調なので、英語としては必ずしも自然なものではないそうです)

はじめスペイン語だけ読むとさっぱり訳が分からんわ、私には難しすぎっ!と思うのだけれど、落ち着いて英語の方を次に読む、もいっかいスペイン語に戻る。と、僅かしかない私のボキャブラリーと文法知識を総動員し、さっき読んだ英語の文章と照らし合わせてみると、おおっ!ここが、こうなって、主語で、動詞で、目的語で、ああっ、そうか!とかなり分かってくる。この不思議な感じは日本語訳と照らし合わせても絶対生れない、何か。この感覚は言葉にしにくいのだけれど、あの、3Dカードをぼや〜と焦点を合わさずに眺めて、ある地点でふっと立体視ができる、あの感覚に似てる。これを言葉でやる感じ。・・・分かりにくいか。たらーっ

しかしこの本の中のお話は今のところ寓話みたいなのが多くて、文章の意味がとれてもお話の意味がよく分からないこともあります。たらーっ でも、変な話だからなんだか余計気になって読んでしまうかも。数行から、一頁とかの短いお話ばかりなので集中力が続く範囲です。

この手のリーダーって、英語を多少読める人の場合には、第二外国語の学習をする際にとてもいい教材になりそうです。私はあんまり期待していなかったんだけれど、大間違いでした。ちなみに私のスペイン語歴ですが、第二外国語として2年習ったのを2回。なんで2回あるかというと、専門学校と大学とふたつ行ったからです。しかし、2回目に習った時は、1回目のをだいぶ忘れていたので、単純に4年習ったとは言えません・・・。たらーっ うー・・・人生に無駄の多い人だなぁ。ニョロ

でも学校時代のスペイン語では文章を訳するのが苦手だったので、金輪際読み物なんて無理!と思っていたのに、こうして読めることが分かってとてもうれしい。しかし、読み進んでいくと、難しくなるのかなぁ。またレポートできるまで続いていますように。
ふーたろう | 語学 | 20:10 | comments(2) | - | - |

iKnow! 始めました

このブログの余白にもバナーを貼り付けておりますが、最近iKnow! を始めました。てのはやっぱりもっと知ってる英単語増やしたいな〜と。英語のpodcastとか聞いていると、「ああ!面白そうな話になってきた」と思っても、だいたいその肝心の面白いところがよく分からなかったりするのが悔しいニョロ。これはもうどうも、こんなちょっびっとしかないボキャブラリーではどうもアカンらしい。で、辞書を読み始めたりしていたところへ、iKnow!てのがあるとききまして。

iKnow!は「英語漬け」というのによく似ています。英単語やフレーズを覚えたりするための、電子的フラッシュカードという感じ。一回に10個くらいの単語をやるんですが、3個ぐらいやったら復習。また3個ほどやったらさっきのがちょっと表示方式を変えて出てくる、といった具合で飽きにくい工夫がしてあるのが気に入りました。ちょっと時間を置いてからiKnow!でやったコースを今度はディクテーションでやります。初めはフレーズ単位で聞き取り、次に全文聞き取りになります。4回間違えたり、時間切れになるともう一度後で出て来ます。目的の単語自体は難易度が低めでも、ディクテーションでは例えば動詞の活用形やら前置詞に注意したり、そういう経験の蓄積が実際に自分が英語を使う時(めったにないけどさ・・・)に役立ちそうです。たとえば文の前半に出て来た動詞と後に出てくる動詞の時制に矛盾があるような答えをしちゃうと、ああ、私の中ではまだその辺がちゃんと消化されていないんだな〜と認識したりします。

いろいろなコース(チャンネル)がありますし、TOEICについては英国・オーストラリア版もあるので、十分楽しめそうです。英検1級とか持っている人には物足りないでしょうが、英検準1級・1級をめざすレベルなら、日本の難関大学受験や米国の大学(院)入学試験用の単語コースもあるのでそういうのをやるとまぁまぁ役立つかも〜?
ふーたろう | 語学 | 12:20 | comments(5) | - | - |

Go with me?

ご無沙汰しております。春先で風邪引いたり、遊んだり、ごろごろしてまふ。

過日、スーパーでパンを買ったらもらえるおなじみのこれを見かける。



なんか違和感。

いっしょに居たボーボーさんが「'Come with me'の間違いでしょ!」。

そだ、これはかなり初歩的間違いだなぁ〜。どこへ行くねん〜???な戸惑い。
ふーたろう | 語学 | 09:15 | comments(4) | - | - |

早く読みたい〜

って、話しもしない訛りのことは置いといて。

まだマーク・アーモンド様自伝を読んでます。ユキちゃん看病で読む気がしなかったというのを差し引いても、遅々として進まない。まだ1/4もいっていない。くもり 私としてはこの本を楽しんで読んでいるんだけど、やっぱり英語ですからの。のろのろとしか読めません。昔、音読で読めるスピードでしか書いてある文字は読めないと聞いたことがありますが、本当かな?日本語だとばっさばっさと飛ばし読みしますが、結局は読んでいる部分は口が動くスピードで読んでるってことでしょうか?

でも、英語で読むのって楽しいなと思い始めたところなので、早く次の他の本を読みたい!げげっ、ブログ書いとる場合とちゃうわ。読書

英語速読のコツがあれば誰かおしえて〜。
ふーたろう | 語学 | 19:56 | comments(0) | - | - |

My idea... from God... like that...

人気歌手のHAさんのCNN Asiaのインタビューをちらっと見た。ううむ、アメリカンの先生に付いてプライベートレッスンで一生懸命勉強されたのだろうな、たぶん。ひしひしとそういう感じが伝わる。いろいろ差し障りがあるといけないので、コメントは差し控えさせていただきます。たらーっ でもこの人、努力家ではあるんでしょう。いっしょうけんめい勉強しました!という感じがマドンナ女史を彷彿させますな〜。タイトルの英語(?)はHAさんの発言です。・・・だいじょうぶ?(度胸は評価してます・・・)

しかし私はアメリカってハワイに観光で(それも慰安旅行よ!たらーっ)でしか行ったことがないので、事情がよく分かりませんが、アメリカ好き(?)な日本人の方々の英語の仕上がり(仕草とか含めて)ってこういうのになりがちなのでしょうか?私はシャイな日本人ですので(ほんまか?)、こういうのって、けっこーこっぱずかしいわぁ。

この前、N○Kの英語ニュースの動画を見たのだけれど、アナウンサーが非常にきれいな発音で英語を喋っているのですが、表情はどうやっても日本人だったりして、ある程度の年齢に達してから英語を学んだのだと思いました。一方、日系アメリカ人の先生に一度英会話を習ったことがありますが、こちらは表情が日本人じゃないのですよね。いろいろあっておもしろい〜。どの辺でそういうのって分岐していくのでしょうね?

さて、昨日ボーボーさんがやっていた変なクイズ -- 'What American accent do you have?'。あなたはどんなアメリカ語方言を話すか判断してくれるのだそうです。イヒヒ ボーボーさんはNYCとかのノースイースト方言と出た。行ったことないっちゅーに。私はフィラデルフィア訛りなんですって。・・・で、フィラデルフィアって、どこ?わーい

My English... from Cheesesteak... like that?富士山 なんのこっちゃ。
ふーたろう | 語学 | 19:05 | comments(4) | - | - |

英語で読書(か?)と発音チャート

最近、英語の勉強もまたごぶさたしちゃってるわぁ・・・って、とりあえずやりたいことは英語の本が読めたり、映画が自由に見れたりしたらいいなぁなので、映画は難しいけれど、本ならなんとかと最近はこれを読んでます。

Tainted Life: The Autobiography
Tainted Life: The Autobiography
Marc Almond

マーク・アーモンド先生自伝。前に読みたいところだけ読んだのだけれど、今回はちゃんとはじめから読んでます。400ページ以上ある力作。たらーっ 今のところ70年代のイギリスの音楽好きの少年がどんな暮らしをして、どんなコンサートに行ったとかってのが私には面白い。はじめのうちはローリング・ストーンズなんか聴いていたのが、プログレッシブ・ロックにはまり、やがてマーク・ボランに熱狂し、醒め、パンクが始まる頃にはシャンソンを聴き始めたりする。マーク・アーモンドは幼少時代、両親の不仲、自身の性的混乱(この頃はまだバイセクシャルらしい)、ニキビだらけの顏、勉強ができない(それなのに何故か進学校に受かってしまい、当然、落ちこぼれた)、病弱とかなり不遇ちゃんだったらしい。そりゃ、音楽とかハマるものが必要だろうな。てことで、只今不遇な少年がいかにポップスターになっていくかの物語を楽しんでいます。

わからない単語とか表現とかいっぱい出てきますが、おおかたわかる。いかにもマーク・アーモンドが書きそうな文章だってこともわかる。ちょっと大げさな感じの言葉づかい。インタビューとかの印象と同じ。そんなことで、のろのろとした歩みでも今まで英語の学習をあきらめなくて良かったと思う。読めてよかった〜!そういえば私が初めて最後まで読めた(のか?)英語で書かれた本って、マーク・アーモンドのいたSoft Cell伝だったなぁ。高校出たばっかりの頃だったけれど、何が書いてあるか知りたい一心で最後のページまでめくったのだったわ。

さて、話は突然変わりますが、英語つながりで。以前Q先生の英語発音セミナーでもらったIPA (International Phonetic Alphabet) チャートを無くしてしまった。このチャートは子音や母音がひとつのチャートに載っていて、舌の位置や口の形とかの関係がひとめで分かって便利だったのだ。特に母音のチャートはわかりやすい。口の前か後ろか、どのくらいすぼめるとか開けるとか一目瞭然。いろいろと発音が載っているテキストなどあるけれど、音別にページをめくらないといけないので、「あれ?さっきのとどう違うんだろう?」てのが気になったりするのだ。これなら一枚ぺらっと壁に貼っておけばとても見やすい。・・・のに、引っ越しでどこにいったのかわからなくなっていた。ということで、もう1回欲しいとお願いしたら、おおっ、音付きのページを探してきてくれました。これ、すごいです。

発音記号の上をクリックすると、ページが変わって、音の出るページへ移動します。何度か読んでいるのは、その音が来る位置によって(語頭とか語尾とか)変わる場合や、短い音、長い音を発音してくれています。ええ〜、英語以外の音も入ってますので、英語だけ見たい場合は、英語の発音記号拾ってくださいませ。(でもrとか英語の音じゃないですね←もひとつ分かっていないワタクシ)

と、たまにはひとの分からない話ばっかりではなく、役に立つこともシェアしようと思います・・・って、やっぱりややマニアックか。
ふーたろう | 語学 | 14:33 | comments(0) | - | - |

脳みそ再び回転す

ウォーキングを始めてよかったことのひとつに、こ一時間も歩き回るので考える時間がたっぷりとあること。それもなんだか健康的な方向に考えは向う。そいや前回ウォーキングしていた頃も脳みそが活性するような、わくわくとした感覚に包まれていたのを思い出した。

それで、今年前半あまりにボケボケと暮らしていたけれども、なんだかやっと家の中の楽しみ以外のこともやりたくなってきた。しばらく前に長年の専業主婦から脱してバイリンガル秘書として働き始めたロジーナさんのことも刺激になっていた。今はお仕事いろいろとたいへんなようだけれど、英検1級、TOEIC955点というハイスコアがあれば、ブランクをものともせずお仕事できるんだなぁと感心。もちろんものすごい努力をされて獲得されたスキルなので、そんな簡単にマネのできるもんじゃないのだけれど…。^^;

で、まぁそんなことも歩きながら考えたりして、とにかくなんかしよっと思った。

というわけでこれを始めることにしましたよ。(やってから書くべきだな…(~_~;))

Word Power Made Easy
Word Power Made Easy
Norman Lewis

過日、ボーボーさんと本屋に行ってすすめてもらった。さすが仕事柄だけあって、英語関係の棚を一緒に見て歩くのはたいへん面白かった。他の本も買いたくなって手に取ったら、「家にあるよ」って。(^_^; すみません。もっと家にあるものを活用します。まだ始めのボキャブラリーテストを始めたところだけれど、む、むつかしい語ばかりがぁ〜。しゅん。でも新しいドリルをもらった小学生みたいになんだか楽しくなってきた。
ふーたろう | 語学 | 13:17 | comments(6) | - | - |
1/1PAGES | |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
英語という名のマインドコントロール
英語という名のマインドコントロール (JUGEMレビュー »)
樋口 久
読後には「やっぱりそうだったんだよね」と思うことであろう。それは分かっていたことだけどね♪
RECOMMEND
再会の街で [DVD]
再会の街で [DVD] (JUGEMレビュー »)

誰がこんな邦題つけたんじゃぁ〜!
いい映画って、こういうのだなぁ。
RECOMMEND
DVDで覚える自力整体
DVDで覚える自力整体 (JUGEMレビュー »)
矢上 裕
やればホント気持ちいい!背中の肉も取れた!しかし、時間が取れなくてなかなか最近できません・・・。
RECOMMEND
良心の危機―「エホバの証人」組織中枢での葛藤
良心の危機―「エホバの証人」組織中枢での葛藤 (JUGEMレビュー »)
レイモンド・フランズ, 樋口 久
カルトに限定されない、人の心理の話としても読める労作。
RECOMMEND
忘れられた日本人 (岩波文庫)
忘れられた日本人 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
宮本 常一
土佐源氏は読むべし!
RECOMMEND
Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B
Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B (JUGEMレビュー »)

外タレコンサート3,4回分のお値段ですが、その価値あり。脳内コンサート。至福の時間。
RECOMMEND
Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン
Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン (JUGEMレビュー »)

ER4P-Bの前に使っていた。これもたいへんいい。お値段も手が伸びやすい。しかし、いいイヤホン使いだすと、戻れません・・・。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
文鳥時計
復刊リクエスト
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH