スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

三原順再び

三原順について語るのは・・・自分の中でとても大事にしているものなので難しい。でも、まだご存知ない三原順ファンがもしいたらと思うので少しだけ。


先月、明治大学米沢嘉博記念図書館で催されている「三原順復活祭」のために東京へ行ってきた。会期は2月6日から5月31日までと長いのだが、4期に分けられており・・・・たいへん狭いスペースで、1期あたりの展示数は少なく、私のように大阪から行くとなると一度に全部見せてよう!なのだが、なのだが、でもやっぱり行ってよかった。なんだかね、自分の中の大事な何かに会いに行った感じです。

復活祭は1階で催されていたけれど、2階の有料の開架コーナーでも古い「花とゆめ」やら「LaLa」やら「別マ」を読むことができて、それも懐かしかった。他には三原順の追悼文集のようなものなどもあり、この中で三原順の葬儀に参列された方が、『棺の中の三原順は今まで見た中でいちばんきれいだった』と書いておられて、これを読んでなんだかほっとした。


とんぼ返りで大阪に帰りました。他の会期も見たいけれど、ちょっと遠いね。また今後もっと大きな三原順回顧展があるといいな。

てことで、今月もうすぐ出る三原順ムックがとても楽しみです。それこそ小学生の頃に次の号の「はみだしっ子」が出るのをワクワクと毎回待っていた気分を思い出す。


評価:
三原 順
河出書房新社
¥ 1,944
(2015-04-08)
コメント:出してくれるだけで星5ですよ

ふーたろう | 読書 | 17:27 | comments(0) | - | - |

「山の牧場」ってそんなに怖いのかね?

ああ、数年前「新耳袋」を図書館で借りて全巻読んだ時は楽しかったな。それでも小心な私は、たくさん借りたとしても一度に100話読んだりしないようにしましたけれど。 

で、その「新耳袋」で最高に怖い話とされている「山の牧場」ですが、あれってそんなに怖い?そーかな。

私が10代の頃、うちのとーちゃんはスクラップから使える金属を取り出すような仕事をしていたんですが(てことで当時の私は先頃亡くなったアラン・シリトーが好きで『屑屋の娘』とか読んでたら、「それ、お前やん」なんて言われたんですけど)、そんなとーちゃんがどこそこに廃業した、倒産したなんやらあるよって言うのについていくと、地方の田園風景の中にいきなりわけのわからん工場とか倉庫とかあるんですよ。

一番よく憶えているのは、なにやら輸入雑貨みたいな広大な倉庫が周りに何もない場所にいきなり存在していて、だぁれもいないのに、その敷地の中一面に雑多な雑貨がうち捨てられているの。靴やら家具やら、そして決して日本向けではないような安っぽい人形。ビニールかプラスチックかで作られた人形の顔が炎天下の中で溶けてるのが、そこら一面にびっしりあったあのシュールな光景。

さらに言うとですね、私がその頃住んでいた古工場も前の持ち主が途中で病死して空き工場になったところに私達家族が移り住んだのですけれど、工場の周りには他にもいくつも部屋があって、用事がないから特に使わなかったけど、そのうちのひとつの押入れには「私の家の押し込み」と子供の字で書いてありました。少し気持ち悪かったけど、近所の子供がその工場が廃虚の時に入り込んで落書きしたのかもしれないし、あんまり気にしないようにしました。まぁ、父ちゃんは「夜中に仕事していると誰か気配を感じる」とか言ってましたけど、所詮田んぼの真ん中の人気の無い所だったので、そんなの気にしたら住んでおれませんでした。

だから、「山の牧場」を読んでやたら不思議がったり、怖がったりする人は私はむしろ幸せな人なんだなと思います。都会からちょっと離れた微妙な地方ぐらいにはいろいろと事情があって、いろんな用途に転用され、そこに住んだり仕事したりする人がいるだけのことじゃないのかな。よって、建物もあとから適当に建て増しされたり、まぁ、無法地帯ですよ。実際、違法投棄とか、産業廃棄物を違法に燃やしたりするのだって中途半端な田舎が多いでしょ?

でも、「新耳袋」みたいに適度に実話ぽく良質な怖い話読みたいねぇ〜夏だし。


ふーたろう | 読書 | 23:31 | comments(0) | - | - |

やっぱり面白い!

テレプシコーラ/舞姫 第2部1 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
テレプシコーラ/舞姫 第2部1 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
山岸凉子

文鳥さん漫画を買いに行って、目に付いた『テレプシコーラ』第2部第1巻。なるべく本を増やさないようにしているので、買おうかどうしようか迷ったけれども、600円ほどで数十分楽しめるのなら、いいではないかと買う。・・・って、やっぱり面白いわぁ〜。ローザンヌに行くまでの話がほとんどなのに、のめり込んでしまって、なんだか自分が六花ちゃんになってハラハラドキドキした気分になってしまった〜。時折出てくる千花ちゃんを思い出すシーンには、不覚にもちょっと胸が詰まってしまったわぁ。もう既に次の巻が早く読みたい!最後の方で出て来た新しいキャラはあの人なのでしょうか?ついに再登場なのか???

にしても『アラベスク』もそうだったけれど、リアリティあるバレエ漫画でありながら、人間の成長ドラマにちゃんとなってるところが読みごたえありますなぁ〜。『アラベスク』第2部なんてものすごい"大人な世界"でした。『テレプシコーラ』はさらにそれを越えてくれるのでしょうか?漫画と云えど、これだけ興奮させてくれると、読めたことが嬉しいですな〜。
ふーたろう | 読書 | 15:51 | comments(0) | - | - |
1/1PAGES | |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
英語という名のマインドコントロール
英語という名のマインドコントロール (JUGEMレビュー »)
樋口 久
読後には「やっぱりそうだったんだよね」と思うことであろう。それは分かっていたことだけどね♪
RECOMMEND
再会の街で [DVD]
再会の街で [DVD] (JUGEMレビュー »)

誰がこんな邦題つけたんじゃぁ〜!
いい映画って、こういうのだなぁ。
RECOMMEND
DVDで覚える自力整体
DVDで覚える自力整体 (JUGEMレビュー »)
矢上 裕
やればホント気持ちいい!背中の肉も取れた!しかし、時間が取れなくてなかなか最近できません・・・。
RECOMMEND
良心の危機―「エホバの証人」組織中枢での葛藤
良心の危機―「エホバの証人」組織中枢での葛藤 (JUGEMレビュー »)
レイモンド・フランズ, 樋口 久
カルトに限定されない、人の心理の話としても読める労作。
RECOMMEND
忘れられた日本人 (岩波文庫)
忘れられた日本人 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
宮本 常一
土佐源氏は読むべし!
RECOMMEND
Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B
Etymotic Research カナル型イヤホン ER4P-B (JUGEMレビュー »)

外タレコンサート3,4回分のお値段ですが、その価値あり。脳内コンサート。至福の時間。
RECOMMEND
Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン
Etymotic Research ER-6I カナル型イヤホン (JUGEMレビュー »)

ER4P-Bの前に使っていた。これもたいへんいい。お値段も手が伸びやすい。しかし、いいイヤホン使いだすと、戻れません・・・。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PR
OTHERS
文鳥時計
復刊リクエスト
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH